All the Way to Paris

Our plan is to keep Exploring

All the Way to ParisのPetraとの出会いは、コペンハーゲンに滞在していたある日、知人のスウェーデン人デザイナーに「コペンハーゲンにある"All the Way to Paris"というデザインスタジオを知っているか?」と聞かれ、訪ねたのが最初のきっかけだった。

以来、僕がコペンハーゲンに戻ってきた時は互いに忙しい合間を縫って、ある時はコペンハーゲン、またある時は彼女の家があるスウェーデンのマルメで抹茶を嗜みながら会っている。そして会話を重ねる度に彼女のオープンマインドや考えの深さに驚かされる。

今日も、抹茶片手にいろんなことを聞いてみたい。

 
awtp1.png

- 自己紹介をお願いします。
コペンハーゲンをベースにした「All the Way to Paris」というデザインスタジオをデンマーク人のTanja Vibeと私、Petra Olsson Gendtで立ち上げたのよ。私はスウェーデン人だけどね。今は7人のデザイナーのいるチームよ。私たちはグラフィックデザイナーとしてスタートしたのだけど、長年にわたり新しい方向性に発展してきているわ。私たちは、小さいブランドから大きなブランドまでグラッフィックのアイデンティティを軸に、ブランド戦略や製品とテキスタイルのデザインなどをコンサルティングしているの。幅広いプロジェクトがあるから、私たちが出会う様々な仕事、企業、人々の多様性を尊重しているわ。私たちのデザインは人と人との関係性についてのことがたくさんあるわね。

atwtp6.5.png

- デンマークやコペンハーゲンとあなたの関係はいつ頃から?
私はデンマーク王立美術院でビジュアルコミュニケーションを学んでいて、ここで後のビジネスパートナーになるTanjaと出会ったの。 最初は学校で一緒に働き始めて、それ以来、ずっと一緒なのよ。そうね。私はコペンハーゲンが大好きよ。デザインで仕事をするのにベストな都市の一つだと思っているわ。デンマークには、伝統的なプロフェッショナルデザインがあるからね。クライアントはデザインの重要性を十分に認識しているので、面白い部分に直接進むことができるの。クライアントを教育したり、説得したりする必要はないわね。だからクライアントはデザインの大切さによく気づくから、プロジェクトに対して、興味深く本質的な部分に直接入れるわね。変な”教育”や説得も必要としないのよ。


- デンマーク人ってどんな感じ?あとTanjaについても。
スウェーデン人とデンマーク人は素晴らしいコンビネーションだと思うわ!デンマーク人は直接的、率直で明るい態度で知られているわね。その一方で、スウェーデン人はより控えめで何か物事を考えることを良くするの。Tanjaはプロジェクトがスタートする時にすごい力を発揮するわ。色彩への驚くべき観察力や正しいデザインを見つけるのよ。

atwtp2.5.png
atwtp3.5.png

- All the Way to Parisは、色々なプジェクトがあるよね!何に気をつけている?
全てのプロジェクトを注意深く行なう必要があるわね。私たちは仕事やプロジェクトにおいて自由なスピリットを失わないように細部に注意をしようとするの。それがいいバランスだと、デザインの特性としてもバランスが良くなるのよね。手でもデジタルでも作業をするの。これは最高のコンビネーションよ。あと色彩は私たちのプロジェクトでもとても重要で正しいものを見つけるためにたくさんの努力をするわね。

- リーダーシップについてはどう思う?
チームに最も重点を置いているわ。チームが創造的にも生産的にもマシーンのように動いている時を最も愛しているの。私たちは行くべき方向性と細部への強いセンスの組み合わせで、仲間たちに多くの責任を与えるリーダーシップがあるわ。

- インスピレーションはどこから得てる?
私たちのインスピレーションは常にデザインの世界の外からやってくるわね。私はデザインの世界に入る前にルンド大学で美術史や文学を学んでいたから、すべてのアートのカタチは、建築や別のカルチャーの美からインスピレーションを得ているでしょ。常に周りの世界が自分たちに影響を与え、インスピレーションを得ているといえるのではないでしょうか。

- ビジネスコミュニティについてはどう?
人間関係を信じて、いい化学反応が見つかる意味のあるものを追求するわね。だからコミュニティ全体ではなくて、人や個性に興味があるのよ。ここ数年、デンマークのデザインシーンはとても活気があるし、その中のシーンにいられることは素晴らしことよ。多くのデンマークのブランドと仕事をしているけれど、たとえ競争関係でも繋がりも絶やさないわ。

atwtp4.5.png

Colours are important to us.

We put a lot of effort into finding the right ones.


- 良いコミュニケーションには何が必要?
いい話が必要ね。そしてもう一度、話したいことと、その手段の正しいバランスを見つける必要があるわ。時々微調整も必要だし、時にはまっすぐに進む必要もあるわ。それは全てクライアントやストーリー次第でしょうね。まあ、私たちの仕事の挑戦と興奮よね。

atwtp8.9.png

- 日々のルーティーンはありますか?
朝6時15分に起きてお茶をつくり海辺をまっすぐ散歩するわね。そこで友人何人かと会って海に潜るのよ。暗くてとても冷たい冬の朝の海が大好きで、海から上がると気分は爽快よ。冬の朝は星がまだ上がっていますしね。陽の光がスカンジナビア半島に上がってくる季節になると海水が温まるにつれて、泳ぐことも出来るようになるわ。季節に寄り添ったルーティーンはとても自然に近いわ。
- 暮らしをより良くするアイデアはありますか?
時々休憩できるルーティーンはいいですよね。自分自身に親切に自分の好きなカップでお茶やコーヒーなどの美味しいものをサーブしてみてください。一生懸命、働いたときは、自分の身体と心に耳を傾けることも重要ですよ。私の考えでは仕事をしていない時、デザインはほとんど役割を果たさないと思うの。それが仕事やデザインのためのインスピレーションやコンテンツを集める方法なのよ!

- 北欧デザインについてどうでしょう。
一般的に北欧デザインにはシンプルさがありますね。伝統的に暮らしを楽にするためにデザインに焦点が当てられてきたのよ。その観点から物事がデザインされていて、それが世界中から注目されて、暮らしをシンプルにしているのだと思うわ。ノルディックスタイルは簡単にアクセスできるしデンマークのデザインブランドも最近世界と近づいてきましたよ。

- 最後に、次のプランはありますか?
計画は探し続けることね!新しく興味深い、もちろん異なるプロジェクトを見つけるわ。日本でも仕事の計画を持たなきゃ!

All the Way to ParisのPetraのインタビューが掲載されているa quiet day Season5はこちらから