Nordic Lifestyle Design

旅という物語

ありきたりな海外旅行から一歩脱却したと実感できるのは、その旅の最中ではなく、時間がだいぶ経ってからなのかもしれない。旅の中で、何か実感のあるモノを手に入れることや旅を通して腑に落ちる経験を重ね、じっくりと考え、改めてそれを振り返りストーリーを編集して繋げていく時に、いよいよ脱却できたと実感できるのではないだろうか。

 

そんな機会に恵まれたのが2015年の5月。まだ朝晩の寒さが残るけれど花も咲き始めたフィンランドの首都ヘルシンキだったのを覚えている。ホテルからヘルシンキ南部に広がるデザインディストリクトに向け、街中を歩いていると、ヴァップという5月1日のメーデーを祝うフィンランドのお祭りで若者たちが飲んだお酒の空き瓶がいたるところに転がっていた。デザインディストリクトといっても新旧デザインを扱うお店があるほか、レストランやパン屋、コーヒーショップ、美術館とフィンランドのライフスタイルが詰まっている。このエリアをあてもなく歩いていると1軒のヴィンテージショップの前で足が止まった。

「Helsinki Secondhand」という老舗のヴィンテージショップ。ここの地下に通じるガレージを進むとヴィンテージショップ独特のモノの埃っぽく、そして人の温もりを感じる“香り”が迎え入れてくれる。今までは、ヴィンテージというモノ自体にあまり興味がなかった僕はある種の冷やかし気分で地下に広がる店内に歩みを進めた。店の中には、ミッドセンチュリーといわれる1950年代60年代頃のモノから現在の日用品と呼ぶにふさわしい陶器やガラス製品からさらには家具までが陳列してあった。

すると奥のショーケースにふと目が留まった。そこには日本を感じさせられるハンドメイドの徳利とお猪口が綺麗に並んでいたのだ。何気なく手に取り、裏のスタンプを見てみるとそこにはフィンランドの老舗陶器メーカーのARABIAのマークが印字されていた。日本のモノだと思って手にしたわけなので、そいつは本当にフィンランドのモノなのかと店主に詰め寄ると、前日のヴァップのせいで二日酔いの気だるそうな店主は、このモノが1950年代から60年代にARABIA社の中でアーティストが自由に発想し、デザイン・創作ができるART DEPERTMENT部門が創ったTarinaというシリーズだと丁寧に教えてくれた。

人の温もりを感じさせる手彫りのイラストとぼってりと女性を感じさせるフォルム、そしてなんといっても日本を感じさせてくれる造形美に惚れ込みヴィンテージとしては、少し値は張っていたのだが購入してみることにした。

ARABIA社のART DEPERTMENT部門が作ったTarinaシリーズ

これが僕とヴィンテージとの出会いとなった。改めて日本に戻りこのTarinaの言葉の意味を調べてみると、Tarinaはフィンランド語で「ストーリー」を意味していることを知るのであった。

一年に一度の後の祭りに初めて手にしたヴィンテージの温もり、香り、そして二日酔いの店主。全てが一つのモノを通して繋がる物語になり、特別な旅へと変わっていった。

 

Why is Nordic Stories?

2017年9月1日(月)から30日(土)に下北沢の本屋B&Bで開催している
「Nordic Stories - a quiet day 静かな1日を -」では
北欧ライフスタイルマガジン a quiet dayを中心に
マガジンの編集を通して関係性ができた
北欧ヴィンテージ、クラフトプロダクト、コーヒーなどを
ディスプレイして表現しています。

今回はこのフェアの楽しむポイントと
なぜ「Nordic Stories」という名前にしているかをお伝えします。

 
DSC06631 (1).jpg

今月1ヶ月間、下北沢の本屋B&Bで開催しているフェア「Nordic Stories」の楽しむポイントは、フェアの名前にもなっているストーリーを楽しむことです。

ディスプレイされているヴィンテージやクラフトのプロダクトには、小さな荷札が付いています。

IMG_9654.JPG


この荷札には【時間】【カタチ】【手触り】【再開】【きっかけ】【雪灯り】【抱擁】【憧れと嫉妬】【境界線】【旅立ち】【驚き】などといったように、キーワードとストーリーが書かれています。それらはほとんどマガジンと関連するものです。

縦90cm、横180cmほどの机という、限られたスペースですが、この机の上が”一冊の本”であるかのような空間にしています。

DSC06638 (1).jpg


大量生産・大量消費の社会や経済が限界に近づいて、世の中にこれだけモノが溢れる中でそれを選択する基準がどうしても価格に縛られ過ぎてしまっているなと感じる今日この頃です。
当たり前のことですが、一つ一つのモノの奥には、それを作った人たちがいます。

そして、次にそのモノを手にする、もしくは手にした人たちもいます。

過去にこれを使っていた人からあなたへ。
作り手からあなたへ。
それを繋ぐものはストーリーです。

この机が”一冊の本”だという表現をしました。

お気づきかも知れませんが、この"本"の続きを描くのはあなたなのです。

DSC06621 (1).jpg